雑記

泣いてからでも大丈夫!赤ちゃんのミルクを適温まで早く冷ます方法

投稿日:

この記事では、赤ちゃんのミルクを適温まで早く冷ます方法について紹介しています。

赤ちゃんのミルクってあつ~いお湯でつくるので、すぐには冷めてくれません
わたしはミルクを作ったあと水道水をジャーッと哺乳瓶にかけて冷ましていました。

この方法だと、泣いてからミルクの準備しているとミルクが冷めるまで時間がかかってしまっていました。
冷めるまでの時間ずっとこどもが泣いているので、親としてはかわいそうですよね。

なんとかすぐにミルクを冷まして用意する方法はないものか~、と悩んでいた時に解決方法を発見しましたのでご紹介いたします。

この方法で私でもすぐにミルクを適温で準備できるようになりました。

 

ミルクをすぐに適温まで冷ます方法

電気ケトルで適量沸騰させる。

わたしの家では象印の電気ケトルを使用しています。

特に理由はないので何でも良いです。
壊れて買いなおすとしたらこのへんかな。

30秒~1分もあればお湯が沸くと思います。

 

お湯を沸かしている間に粉ミルクを哺乳瓶に入れる

ぱっぱと哺乳瓶に粉ミルクを入れちゃいます。
わたしの家ではE赤ちゃんを使用しています。

E赤ちゃん高いです!
高いんですが、わたしのこどもは安いミルクは飲まなくなってしまいました。(´;ω;`)
グルメちゃんめ!(かわいいから許す)

 

作りたい量の半分のお湯で溶かす

200ml作りたいとしたら100mlのお湯で溶かします。
160ml作りたいとしたら80mlのお湯で溶かします。

ここで必要なお湯の量を考えてお湯を沸かすと早くお湯が沸きますので、さらに時短になりますよ!

 

冷やしておいた赤ちゃんの純水を残りの半分入れる

冷蔵庫で冷やしておいた赤ちゃんの純水を残りの半分入れます!
これで適温になります。

かなり簡単に適温のミルクが用意できますのでオススメですよ!

 

いっぱい使いそうな人はこちらでも良いですね。
ミルクだけでなくお茶を割るのにも使えますので便利ですよ。

 

 おわりに

いかがだったでしょうか?

こどもが泣いてから準備してもすぐにミルクをあげることができるので、この方法で作るようになってからかなり楽になりました。

赤ちゃんのミルクを適温まで早く冷ます方法についてまとめると、

・電気ケトルで必要な量を沸かす
・粉ミルクを哺乳瓶に入れる
・ミルクを作る量の半分のお湯で溶かす
・冷蔵庫で冷やしておいた赤ちゃんの純水を残り半分いれる

です。

簡単に早くミルクを冷ませるので一度試してみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事

1

格安SIMを使っている人が対象です。 わたしの場合は ①最初はAUだった。②UQMOBILEに変更。③Androidをアップデート④元はAU端末だったのでアクセスポイント名がAU用に戻った。⑤繋がらな ...

2

この記事では、AFFINGER5(WING)でサイト管理者のプロフィールを表示する方法を紹介しています。 あなたのブログではサイト管理者、または自己紹介等でプロフィールを載せているでしょうか。プロフィ ...

3

この記事ではAFFINGER5(WING)でおすすめ記事一覧を表示する方法を紹介しています。 無料のWordPressテーマを使っていると、おすすめ記事一覧や人気記事一覧の作成はプラグインで作ることに ...

4

この記事では、ネットワーク初心者が仕事をしながら独学でCCNAに合格した勉強方法を紹介しています。 社内SEに転職してネットワーク関連の知識や実務経験が乏しいと感じたので、CCNAの勉強をして取得しま ...

5

この記事ではGoogleカレンダーに勝手に予定が登録されるのを防ぐ方法を紹介します。 GoogleのGmailやGoogleドライブ等、いろいろと便利なサービスがありますよね。 わたしも今更ですがGo ...

-雑記
-

Copyright© システムエンジニアは考える , 2018 All Rights Reserved.