雑記

泣いてからでも大丈夫!赤ちゃんのミルクを適温まで早く冷ます方法

投稿日:

この記事では、赤ちゃんのミルクを適温まで早く冷ます方法について紹介しています。

赤ちゃんのミルクってあつ~いお湯でつくるので、すぐには冷めてくれません
わたしはミルクを作ったあと水道水をジャーッと哺乳瓶にかけて冷ましていました。

この方法だと、泣いてからミルクの準備しているとミルクが冷めるまで時間がかかってしまっていました。
冷めるまでの時間ずっとこどもが泣いているので、親としてはかわいそうですよね。

なんとかすぐにミルクを冷まして用意する方法はないものか~、と悩んでいた時に解決方法を発見しましたのでご紹介いたします。

この方法で私でもすぐにミルクを適温で準備できるようになりました。

 

ミルクをすぐに適温まで冷ます方法

電気ケトルで適量沸騰させる。

わたしの家では象印の電気ケトルを使用しています。

特に理由はないので何でも良いです。
壊れて買いなおすとしたらこのへんかな。

30秒~1分もあればお湯が沸くと思います。

 

お湯を沸かしている間に粉ミルクを哺乳瓶に入れる

ぱっぱと哺乳瓶に粉ミルクを入れちゃいます。
わたしの家ではE赤ちゃんを使用しています。

E赤ちゃん高いです!
高いんですが、わたしのこどもは安いミルクは飲まなくなってしまいました。(´;ω;`)
グルメちゃんめ!(かわいいから許す)

 

作りたい量の半分のお湯で溶かす

200ml作りたいとしたら100mlのお湯で溶かします。
160ml作りたいとしたら80mlのお湯で溶かします。

ここで必要なお湯の量を考えてお湯を沸かすと早くお湯が沸きますので、さらに時短になりますよ!

 

冷やしておいた赤ちゃんの純水を残りの半分入れる

冷蔵庫で冷やしておいた赤ちゃんの純水を残りの半分入れます!
これで適温になります。

かなり簡単に適温のミルクが用意できますのでオススメですよ!

 

いっぱい使いそうな人はこちらでも良いですね。
ミルクだけでなくお茶を割るのにも使えますので便利ですよ。

 

 おわりに

いかがだったでしょうか?

こどもが泣いてから準備してもすぐにミルクをあげることができるので、この方法で作るようになってからかなり楽になりました。

赤ちゃんのミルクを適温まで早く冷ます方法についてまとめると、

・電気ケトルで必要な量を沸かす
・粉ミルクを哺乳瓶に入れる
・ミルクを作る量の半分のお湯で溶かす
・冷蔵庫で冷やしておいた赤ちゃんの純水を残り半分いれる

です。

簡単に早くミルクを冷ませるので一度試してみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事

1

この記事では、バーグマン200に1年間で9700km乗って感じたインプレッションについて紹介しています。 バーグマン200が納車されてからちょうど1年が経ちました。 バーグマン200に乗るまでは、正直 ...

2

格安SIMを使っている人が対象です。 わたしの場合は ①最初はAUだった。②UQMOBILEに変更。③Androidをアップデート④元はAU端末だったのでアクセスポイント名がAU用に戻った。⑤繋がらな ...

3

この記事では、アドレス110のインプレッションを紹介しています。 バーグマン200の1年点検でアドレス110を代車で借りました。 バイク屋~自宅の30kmや1週間通勤で使うことになりましたが、通勤快速 ...

4

この記事ではブログ開始1ヶ月目のアクセス数(PV数)などのブログ運営報告となります。 ブログ初心者がブログを始めると、こんな感じなんだなーと感じ取っていただけると思います。 とりあえず、2018年4月 ...

5

この記事では、ビッグスクーター「バーグマン200」で行くツーリングはどんな感じなのか、私が1年間で行った場所をふまえて紹介しています。 バーグマン200や他のビッグスクーターを買おうかと検討しているけ ...

-雑記
-

Copyright© システムエンジニアは考える , 2018 All Rights Reserved.