雑記

記事の書き方で参考にしたい「書かない3原則」人を操る禁断の文章術

更新日:

この記事ではメンタリストDaiGoさん著の「人を操る禁断の文章術」に書かれていた「書かない3原則」について紹介します。

記事をうまく書けない。うまくレビュー記事を書いているつもりなのにアフィリエイト収入がいまいち上がらない。ということがありますよね。
わたしも記事の書き方がまったくわからず、どのようにしたらよいのか悩んでいました。

そんなときに、メンタリストのDaiGoさん著の「人を操る禁断の文章術」に出会いました。

書くことばかりに気を取られていたのですが、この本には書かない3原則という文章術があります。わたしが参考にしたいと思ったので、その3原則を紹介します。

あれこれ書かない

「人を操る禁断の文章術」の中で、オムツ売り場の話がありました。
オムツ売り場にあるキャッチコピーを掲載することで、カメラの売り上げがあがった話が紹介されています。
そのキャッチコピーとは、

今しか見れない姿、残しませんか?

というものです。

人は受け取った情報が不足しているときは、自身の経験を元に想像や予想で判断するといわれています。
あれこれ書きすぎずに読者の想像をかきたてるようにしましょう。

きれいに書かない

人を動かすのは論理ではなく感情です。きれいでまじめな文章は読まれません。
では、どのような文章ならよいのか。

それは、話しかけるように書くことです。

ダメな例と良い例が書かれていたので紹介します。

親しくなった取引先の人とのメールの例です。

先日、オススメしてくださったお店でハンバーグを食べてきました。噂に違わず、おいしかったです。

引用:人を操る禁断の文章術

この間、教えていただいたお店、行ってきました。ナイフを入れた瞬間、肉汁がジュワっと溢れるハンバーグ、びっくりするおいしさでした。

引用:人を操る禁断の文章術

後者の方が「お店教えてよかったな」と思ってもらえるはずです。

話しかけるように書いて、読者の感情を刺激してください。
きれいだけど無機質な文章にならないようにしましょう。

自分で書かない

記事を外注で書いてもらうって話ではないですよ?!「レビュー記事で説明したから、読者は納得してアフィリエイトのリンクを踏んで買ってくれる。」という考え方では読者は行動してくれません。読者が何で悩んでいて、どうしたいと思っているのかを想像してから文章を書きなさい。という話です。その条件がわかっていると書く文章も変わってきます。

文章を自分本位で考えずに、読者の心の中にある書くべき文章を考えてください。

おわりに

いかがだったでしょうか?記事を書くときに、この3つを考えながら書くだけでもかなり内容が変わってくると思います。
書かない3原則をおさらいしておきましょう。

・あれこれ書かない。読者の想像力をかきたてましょう。
・きれいに書かない。読者の感情を刺激しましょう。
・自分で書かない。読者の心の中を想像しましょう。


もし、あなたが文章で人の行動を操れるようになったとしたら、何がしたいですか?

 

 

よく読まれている記事

1

格安SIMを使っている人が対象です。 わたしの場合は ①最初はAUだった。 ②UQMOBILEに変更。 ③Androidをアップデート ④元はAU端末だったのでアクセスポイント名がAU用に戻った。 ⑤ ...

2

この記事ではブログ開始1ヶ月目のアクセス数(PV数)などのブログ運営報告となります。 ブログ初心者がブログを始めると、こんな感じなんだなーと感じ取っていただけると思います。 とりあえず、2018年4月 ...

3

この記事では、初心者でもできるWordPressのセキュリティ対策プラグイン「SiteGuard WP Plugin」の設定方法を紹介します。 いきなり質問ですが、あなたのWordPressのログイン ...

4

この記事ではGoogleカレンダーに勝手に予定が登録されるのを防ぐ方法を紹介します。 GoogleのGmailやGoogleドライブ等、いろいろと便利なサービスがありますよね。 わたしも今更ですがGo ...

5

この記事では、Amazon定期おトク便のおすすめ使用方法を紹介しています。 Amazon定期おトク便は、シャンプーや洗剤などの日用品から、毎日食べるお米等の食品まで、定期的に安く配送してくれるサービス ...

-雑記
-

Copyright© システムエンジニアは考える , 2018 All Rights Reserved.