WordPress

WordPressプラグインのダウングレード方法 ~古いバージョンにしたい場合

更新日:

WordPressのプラグインの更新後、WordPressのバージョンやPHPのバージョン等の関係で、更新したプラグインが使えなくなって泣く泣くプラグインを削除したことはないだろうか。
結論から言うとそれ、大丈夫です。
この記事では更新前のプラグインのバージョンに戻す方法を紹介します。今後、どのプラグインにも起きうる可能性があるので、覚えておく価値はあります。

私の場合は仕事でもWordPressを使うことがあるのですが、
プラグインを更新した後になって、使えないことがわかりました。

WP-Yomigana がPHP5.3.3で使用できない

事前に調べとけよ、かつ、なんでPHP 5.3.3 なんだよ、
というツッコミはあるかもしれませんが、
プラグインを古いバージョンにもどします。

古いバージョンのプラグインをダウンロードする

WordPress.ORGのプラグインのページにアクセスします。

私の場合は、使えなくなったプラグインがWP-Yomiganaでしたので、WP-Yomiganaのページにアクセスします。
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-yomigana/

その後、右側の詳細を表示をクリックします。
WP-Yomiganaのダウンロードページ

下の方にスクロールすると、以前のバージョンがあるので、開発バージョンのセレクトボックスからダウンロードしたいバージョンを選びます。
WP-Yomiganaバージョン選択

バージョンを選んだらダウンロードします。
WP-Yomiganaバージョン1.3.0選択

プラグインを削除する

使えないプラグインを削除してから古いバージョンをインストールするため、最新版のプラグインは削除しちゃいましょう。新しくても使えないならごみのようだ。

こんなプラグイン、修正してやる!という気持ちで停止&削除
WP-Yomigana停止

削除じゃ。
WP-Yomigana削除

Yp-Yomigana削除されました

プラグインをインストールする

ダウンロードしておいた古いバージョンのプラグインをインストールします。

1.3をインストールします。
WP-Yomiganaインストール

インストール完了!
そしてプラグインを有効化をクリックします。
WP-Yomigana有効化

古いバージョンがインストール&有効化できました。
WP-Yomigana古いバージョンで動作する

おわりに

いかがだったでしょうか?

プラグインを以前のバージョンに戻す方法をまとめると、
 ①古いプラグインをダウンロードする
 ②動かなくなったプラグインを削除する
 ③古いプラグインをインストールする
と、意外と簡単に以前のバージョンに戻せることがわかりました。

本当は更新前に動作するバージョンを調べるのが一番ですが、実際問題やってられないので、動かなくなったら戻すようにしましょう。

よく読まれている記事

1

この記事では、バーグマン200に1年間で9700km乗って感じたインプレッションについて紹介しています。 バーグマン200が納車されてからちょうど1年が経ちました。 バーグマン200に乗るまでは、正直 ...

2

格安SIMを使っている人が対象です。 わたしの場合は ①最初はAUだった。②UQMOBILEに変更。③Androidをアップデート④元はAU端末だったのでアクセスポイント名がAU用に戻った。⑤繋がらな ...

3

この記事では、アドレス110のインプレッションを紹介しています。 バーグマン200の1年点検でアドレス110を代車で借りました。 バイク屋~自宅の30kmや1週間通勤で使うことになりましたが、通勤快速 ...

4

この記事ではブログ開始1ヶ月目のアクセス数(PV数)などのブログ運営報告となります。 ブログ初心者がブログを始めると、こんな感じなんだなーと感じ取っていただけると思います。 とりあえず、2018年4月 ...

5

この記事では、ビッグスクーター「バーグマン200」で行くツーリングはどんな感じなのか、私が1年間で行った場所をふまえて紹介しています。 バーグマン200や他のビッグスクーターを買おうかと検討しているけ ...

-WordPress
-,

Copyright© システムエンジニアは考える , 2018 All Rights Reserved.